ココロルルルブログ

より楽に自分らしい人生のために・・心と身体を感じ、そして自分を大切に。

悩みと解放

いろんな悩みがある。

みんな違う、それぞれ違う・・

 

悩みのない人はいない。と思う。

 

生きてるから、悩みは出てくる。

頭(脳)を使ってるから。

 

決められたプログラムをこなす

ロボット君には悩む能力は備わってない。

 

悩みがある=生きてる^^

脳と心がある〜私達。

 

思うけど・・・

この世の中、バランス世界。

 

なんでもバランスを崩すと壊れる。

 

バランスの取れた食事してないと、

体壊したり・・

 

家だってバランス悪いと崩壊する。

 

バランスが悪いと崩れる、倒れる。

 

メンタルも同じ。

 

ありすぎてもダメ、少なすぎもダメ。

 

悩みのバランスを自分で整えるしかない。

 

悩みを溜めすぎない。

 

話すとけっこうすっきりする。

解放するから^^

手放すことに繋がるから。

 

話すことが苦手な人もいる・・

 

書いてみよう〜

文字にして解放してあげよう^^

 

内側に溜め込むのは、やはり良くない・・・

 

持ってる悩みを全て解放する必要はない、

バランスが大切。

 

いずれにしろ、悩みはなくなり、

また新たな悩みがやってくる。

 

それでいい。

 

手放し、解放してバランス取る。

溜めすぎない^^

 

ストレスも同じ。

 

溜めすぎない、バランス取る^^

 

全てはまず自分の為に。

 

そして・・

自分がハッピーだと、皆んなに優しくなれる。

みんなもハッピーになる。

 

不幸も幸せも笑顔も悲しみも伝染するから。

 

幸せを分かち合える^^

 

悩みやストレスを溜めないように、

振り回されないように、

少しでも楽に過ごせるように・・・

 

バランスが鍵。

まず自分の為に手放す、解放しよう〜

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安はやがて恐怖になる。

不安・・・

どんな時に不安になる?

 

将来の事を考えると・・

子供の未来だったり、自分の将来だったり。

 

お金がない、仕事がない・・

職場でうまくいかない人間関係・・

どうやって生きていく・・・

 

赤ちゃんや子供は、

ママパパがそばにいないと不安になる・・

 

あのぬいぐるみじゃないと眠れない・・

 

トラウマからの不安だったり・・

 

いろんな要素の不安がある。

 

 

安心が確保されない時、

不安になる、文字どうり。

 

そして不安の理由はみんなそれぞれ違う。

 

が、、、

 

5分後の事、明日のこと、1年後の事・・

近い将来、遠い未来の事を気にして起こる。

 

不安はやがて恐怖になる。

 

不安を抱き続けると、収まらなくなり

恐怖心へ変わる。

 

不安のない人はいない。

今平安な人も、以前不安があったり

これから不安がやってきたり・・

 

不安はいつの時代もこれからも、

なくならない。

 

そして、、、

 

不安を上手に交わせる人とそうでない人がいる。

上手に交わせる人の不安は大きくならない。

 

今、現時点を意識できる人は不安にならない。

 

これから先を考えないから。

 

なるようにしかならない。

と、知っている・・

 

結果を気にしない。

 

いろんなことに振舞わされず生きる、

過去にも未来にも。

 

今だけを見て過ごせると楽になる。

いろんな不安も薄れる。

 

不安がある時、

呼吸が浅かったり、熟睡できなかったり・・

 

身体に悪影響が起きる。

身体は正直。

 

不安は身体全体を蝕む、徐々に。

 

身体が硬直するから、筋肉は無意識にこわばってしまい、

慢性的な痛みを引き起こしてしまったり。

 

やはり、不安を溜めないほうがいい。

 

不安が湧き上がってきたら・・・

その考えから抜け出す。

 

意識を別な方に持ってく。

 

呼吸に意識を向けて吸ったり吸ったり吐いたりしたり。

 

体を動かす、ジャンプしたり、

脳に刺激を送ってあげる。

 

電車の中で、不安に襲われたら、

とりあえず上を向く、顔を上げる。

 

場所を移動する。

呼吸に意識する。

ガムを噛む。

 

自分の手、足を軽く叩いて信号を送ってあげたり。

 

などなど・・

 

上手に不安を拭えるようにしてあげる。

 

不安に対する考え方を、別方向から捉えれるようにすると、

不安は小さくなっていく。

 

普段から、

呼吸法やエクセサイズ、運動、ダンス等、

自分にあった体を動かす方法を1つでも持っているといい。

 

ジョギング、日光浴、お散歩なども。

 

私たちは生きている。

いつも同じ状態じゃない。

毎日、良くも悪くも変化している。

 

あれこれ考えすぎないで今この瞬間を大事に

過ごせるように少しの努力は必要。

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

幸せホルモン・セロトニン

幸せホルモン、セロトニンは・・

 

3大神経伝達物です。

 

  • セロトニン(安定、安心)
  • ノルアドレナリン(恐怖、驚き、興奮)
  • ドーパミン(喜び、快楽)

 

上記の3つは感情、精神、睡眠に深く関係している。

 

緊張やストレスを感じると・・・

 

脳はセロトニンを分泌し、

ノルアドレナリンとドーパミンの働きを制御し、

自律神経のバランスを整えようとする。

 

温泉に浸かったり、

リラックス系の体操ヨガなどで癒されるのは・・

 

セロトニンが増えて、

ノルアドレナリンが減るからなのだ^^

 

でも・・

 

ストレスや緊張が慢性化すると、

セロトニンの分泌量が減ったり、

働きが悪くなってしまう。

 

なんでも過剰、やりすぎ、タメすぎは

身体に良くないわけだ。

 

セロトニンを増やすには・・

 

日光浴が1番。

15分〜30分くらいでいい^^

 

でも日照時間の少ない冬場など、

 

他にもあるある方法が!

 

  • ランニング、スイミング、サイクリング
  • リズミカルな運動、体操
  • 歩く
  • よく噛んで食べる
  • 呼吸法
  • 人とのふれあい(グルーミング)
  • 食品

 

食品からトリプトファンを取る。

 

トリプトファンの摂取でセロトニンは増える!

  • カツオ、マグロ
  • 乳製品
  • 大豆製品
  • ナッツ
  • バナナ

ビタミンB6、マグネシウム、ナイアシン

を含む食品の中にもある。

 

そして、

 

セロトニンは脳だけじゃなく腸内にもある!

 

腸の働きは自律神経によってコントロール

されている。

 

呼吸法やお腹周りの体操で、

腸内環境を整えると・・

セロトニン増える〜

 

脳と腸は神経で繋がってる〜^^

 

リラックス系のヨガ、チョーおすすめ^^

 

今ハマってるソマティクスエクセサイズ!

とてもオススメです。

 

今年夏にはソマティクスのクラスを開催予定!

 

現在開催中のメンタルヘルスヨガも、

とてもリラックスできます^^

 

幸せホルモン出ます〜

 

ウツ、不眠、パニック障害、不安障害・・・

セロトニン不足と考えられるそう。

 

抗うつ薬にはセロトニンに関わる薬が

たくさんあります。

 

薬の助けも必要だと思います。

私もイヤイヤ飲んでましたがーー

 

でも、上記のようにセロトニン増やす方法ある。

自分でできるところからチャレンジ!

 

ウツは不治の病ではないです。

 

焦らずに体調のいい時でいいです、

 

1歩外に出てみたり・・

 

または自分の部屋から出て、

リビングまで行くとか・・

 

少しづつ少しづつ

 

疲れたら休む。

無理しない。

 

中には・・

休んでばかりいるから、ウツになるんだ!

と言う人もいます。

 

そうじゃないです、

無視しましょう〜

 

 

横になって腹式呼吸を意識するだけでも、

なんとなく楽に感じられるかもしれない。

 

少しづつ動いて、

気持ちいい時間を作ってあげて。

 

ウツは良くなります。

 

私たちは常に変化してる。

進化してる^^

 

応援します〜

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

ウツ注意予報

ウツの症状は・・

 

心と身体に現れる。

 

緩やかに徐々に忍び寄るから、

なんか体調ヘン?

気のせいかな?

と、パスしてしまう。

 

心的には・・

  • なんだか楽しくない
  • 笑えない
  • 不安
  • 悲しい
  • 寂しい
  • 今までの趣味がどうでもよくなる
  • やる気ない
  • 消えたくなる
  • 死にたくなる
  • ソワソワする

 身体的には・・

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 便秘と下痢
  • 息切れ
  • 胸が苦しい
  • 耳鳴り
  • だるい
  • 重い
  • 性欲なくなる
  • 起きれない
  • 音に敏感
  • 食欲の低下、増加
  • 眠れない

などなど・・

上記の症状が出たら、要注意。

 

 

電車など乗り物がダメになったり、

人混みもダメになったり、

狭い空間くらい空間がダメになったり・・

 

今までなんともなかったものがダメになった時

 

なんかヘンだな?

と、気付いた時は気のせいじゃなく、

大切なサインです。

 

見逃さず、見送らないでほしい。

 

好きだったものがどうでもよくなったりして

でも他に興味があることがあるならいいけど・・

 

これをしていて、

楽しい、幸せ、ワクワク感がなくなってる時は、

ウツ注意予報。

 

 

ウツになると脳のニューロンが破壊されるため、

 

 

楽しみ、喜び、幸せを感じられなくなる。

 

過剰なストレスや悩みなどから、

 

脳のシステムがうまく働かなくなり、

 

恐怖や不安を感じる”扁桃体”の働きを高めてしまう。

 

 

ウツになると、

怒り、悲しみ、不安などのネガティブ感情に支配される。

 

全てどうでもよくなってしまう。

 

 

ウツ注意予報に気づいたら・・

 

なるべく外出しよう!

天気が良ければ、なおいい。

 

日光浴でセロトニンを増やそう。

 

セロトニンは幸せホルモン

 

セロトニンが増えると脳の神経伝達を

元の状態に回復できる。

 

セロトニンが増えると眠れるようにもなる。

 

精神を安定させてくれる。

 

ストレスを軽減させてくれる。

 

・・・

 

セロトニンについては、また次回のブログで。

 

 

以上、ウツ注意予報を見逃さないでね^^

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスって何?

ストレスってなんだろう?・・・

 

寒いな、暑いな、嫌だな、危険だなetc・・

自分にとって心地よくないこと全て。

 

自分にとってが重要。

 

感じ方、捉え方はみんな違うから、

人によって、ストレスは色々なのだ。

 

上司にガッーと怒鳴られるとする・・

全く動じない人と怯える人の違い。

 

寒さや暑さなどなどの変化も・・

ヘーキな人とそうでない人がいる。

 

自分がどうゆう時、どんなストレスに反応するか、

知っておいたほうがいいかも。

 

私は人混みや音に敏感。

温暖差も苦手・・

 

体調管理できてなく、自分コントロールできてない時は、

テレビの音もダメ、子供の声もダメになる。

 

ヨガや瞑想で自分が落ち着いてる状態、自分コントロール

が上手くいってる時は全然問題ない。

禅なのだ。

 

このように・・

 

自分のストレスを知ること。

自分の心と身体をできるだけ禅にしておく。

 

が大切。

ストレスは避けられないし、

生きていく上であるもの。

 

ストレスをまるまる受けないような身体作り、

心がけは誰でもできるはず。

 

ストレスの何が良くないか?って?

 

ストレス自体はあって当たり前で・・

悪くない。

 

が・・・

 

ストレスを感じると、

自分を守るために脳が指令を出す。

 

コルチゾールというストレスホルモンを分泌し、

いつでも逃げれる戦える状態に体のあちこちに

信号がいく。

 

体を緊張させる。

筋肉も緊張する。

血圧上げる。

血糖も上げる。

etc・・・

 

ストレスを受けると体は上記のような、

ストレス反応を起こす。

 

この状態が常に続くと・・・

体、身体は壊れる。

 

心と身体は繋がっているから・・・

心もやられる。

 

そしてストレス反応はクセになる。

 

ちょっとした事にも、

すぐにストレス反応を起こすようになる。

 

常に体、筋肉は緊張状態。

 

それが慢性化しコリになり、

腰痛、肩こり、首コリetc・・

になってしまう。

 

いろんな病気を引き起こす。

 

自分の身体の感覚がなくなってしまう。

 

自分の腕に意識して腕を感じてみて、

足、脚を感じてみて。

 

自分の体のパーツをそれぞれ感じてみて。

 

身体を動かせるようになりだした赤ちゃん・・・

ベビーカーの中で足をバタバタさせて感じてる。

 

自分で動かせてる感を感じてる、楽しそうに^^

 

自分の身体は自分しか感じられない。

心もそう。

 

身体を意識してあげて、

自分を感じてあげよう〜

 

気持ちいい、心地いい瞬間を

たくさん自分に作ってあげよう。

 

身体、自分をいたわってあげる事で、

ストレス反応の緊張状態に気づけるし、

緊張を緩めれる^^

 

 

心地よさを感じられる時が多ければ多いほど、

ストレスや悩みを吹っ飛ばせる!

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツと死

ウツの状態が長いと・・

 

死について考えるようになる。

 

体調が良くなく、思うようにいかない・・

 

突然襲ってくる不安や恐怖・・

 

呼吸が不安定になってることさえ、

気づかない。

 

何もかもが、全て、

うまくいかない。

 

考え方だってそう。

悪い方にしか考えれない・・・

イヤになる、自分が、周りが、全てが。

 

生きるのが・・・

 

私も”死”を考えた。

いつまでこんな状態が続くのか?

 

先が見えない。

良くなる兆しも見えない、

不安と恐怖の中で生きていて・・

 

死にたくもなる。

 

それでも、私は死ぬことはできなかったし、

そんな勇気もなかったし・・

 

私の中のどこかに、

”大丈夫だよ、死ななくても・・

いつかは死ぬけど、今じゃない”

 

と言う希望みたいのを、

うっすら感じられた。

 

今、生きていて良かった。

 

ウツは治ったし、今の所再発もしていない。

 

あの時、死んでなかったから、

ウツが治って今普通の生活を送れてる、

と言うことを確信できてる。

 

死んじゃったら、その後どうなったか知ることはできない。

 

死んだら終わり。

 

一般的に、ウツはストレスを受け続けた結果、

脳がやられる。

遺伝の影響のあるウツもあるが・・

 

ストレスは不安や恐怖を感じる”扁桃体”

の働きを高めてしまう。

 

そのために、怒りや悲しみ、不安などの

ネガティブ感情をたた抱くようになる。

 

いつもいつもネガティブ思考感情だと、

死にたくもなる。

 

死にたいと思ってしまったあなたは、

異常でもなんでもない。

 

全て、脳の機能の低下。

そして、脳は再教育できる。

 

今現在、”死”を考えてる人・・

 

どうか乗り越えて。

死んじゃったら、結果がわからない。

 

ウツは時間がかかるけど、

良くなる。

 

脳科学もどんどん進んでいて、

いろんな治療法もあるみたい。

 

私は薬とヨガで良くなった。

 

自分でできるところからでいい、

焦らず少しづつ進んで欲しい。

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

ウツの人達へ

自分がウツと知った時・・

 

”なんで?私がウツに?”と思った。

ただただ、信じられなかった。

 

2003年の頃で、ウツに対するイメージが

とてもマイナスな時代だった。

 

ウツや精神科は、とてもひっそりした感じで。

(フランスは違ったけど)

(風邪で病院に行くように、パッとしないと

精神科に行けるフランス人大多数)

 

私は自分がウツと言うことを誰にも言えなかったし、

自分自身で認めたくもなかった。

 

憂鬱とウツは違う・・・

 

誰にも憂鬱な時はある。

でも、一時的なもの。

気がつくと忘れて再び笑えてる。

 

ウツは一時的じゃない。

いつもなんだかパッとしなくて、

笑えない。

 

笑いを忘れる。

 

楽しみ、安心感、笑いetcが消えてしまう・・

どこかに。

 

代わりに・・

 

いつも1点、上じゃなく下の1点を見つめるようになったり・・

物事を悪い方にしか捉えなくなったり・・

 

負のスパイラルといって、

好ましくない思考の中にグルグルと、

知らない間に飲まれ・・

 

そこから抜け出せなくなる。

 

気づくことができない・・・

 

自分のウツを認めるのに、

半年くらいかかったかな?

 

ウツに対して無知だった。

とてもマイナスなイメージを持っていた・・

 

でも、脳科学が進み、

それを日々学び続けてる現在では、

 

私はウツ経験者です。

と躊躇わずに言える。

 

ウツになった事を恥じたり隠したりしなくなった。

 

ウツは誰にでも起こりうる脳の機能低下。

 

どんな人も発症します。

私だから、あなただからじゃなくて。

 

心の問題で脳の問題。

脳と心は繋がってるから。

 

私たちの脳はまだまだ未知だらけ・・

 

で、複雑なところもあり単純でもある。

 

笑ってる人にウツの人いない。

楽しくなくても、無理に笑うだけでも・・

脳は笑いを認識する。

口角を上げるだけでもいい。

 

できればゲラゲラと子供のように、

心から笑えるといいけど^^

 

笑うヨガ。だってある。

 

そして笑いは伝染する。

 

ニコニコ笑ってる人を見ると、

こっちまで笑いたくなる!

 

30年ぐらい前に電車の中で、

ビックスマイルの超笑顔で上司の話を聞いていた

60代のサラリーマンのおじさんの顔、

今でも覚えてる^^

 

なんでも笑い飛ばせるようになると、

いろんなことが楽になるはず。

 

ツライ時は泣いたっていい。

でもたくさん泣いたら、

そのぶん笑おう!

 

笑う門には福来たる^^

 

今ウツかもしれない、

でも良くなる。

 

長い間ウツの人も・・

薬飲んでる人も・・

いろんな種類のウツの人も・・

 

そこから抜け出せる。

 

時間かかったっていい。

焦らず、自分を大切にしながら、

少しずつ進もう。

 

ウツは現代社会、ストレス社会の病気の1つ。

自分を恥じることも責めることも、

しなくていい。

 

病は気からという言葉のとうり、

笑ったりスポーツしたり歌ったり踊ったりして、

いい気を取り戻そう^^

 

自分に優しくしてあげよう。

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツのためのヨガ

ヨガと一口に言っても、いろんな流派がある。

 

カロリー消費度や難易度の高めのアシュタンガ、

 

ほぼ動かず寝たままリラックスするリストラティブ、

 

温度40°C以上湿度40%の室内で行うビクラム、

 

キッズ、シニア、マタニティ、アロマ・・

 

ありとあらゆるヨガがある。

書ききれない・・

 

で・・・

ヨガ未経験の人は・・

どこから入っていけばいいのかわからない。

 

私はハタヨガから始めた。

たまたま行った教室がハタだった・・

 

ヨガ流派の基盤となっている伝統的なヨガ。

 

私の経験からだけど・・

 

ウツを抱えてる人、もしくはストレスにやられてる人。

 

そういう人たちには、ゆっくりめなヨガがオススメ。

 

メンタルヘルスヨガ・・

とても、オススメです。

 

このヨガはとにかく心地よさを大事にするヨガ。

 

ポーズをとって、イタ気持ちいい前の・・・

 

”心地いい〜”と感じられる感が大事。

 

なので、

ポーズがキツすぎる時、

疲れてやりたくない時、

休憩したい時はやらなくていいんです〜

 

やるかやらないかを自分で決める。

これ大切!

 

インストラクターの指示に従うのではなく、

自分の身体と心と相談して決める。

 

自分に決定権があるんです。

ご両親でも先生でも誰でもなく、

 

自分で決めるんです。

 

自分で決めれない人、

誰かの指示に従ってばかりの人・・・

 

自分で決めれる自由!

 

を身につけれます^^

 

メンタルにつながります〜

 

人目を気にして自分から休憩できない人・・

他者が気になる人・・

 

他者よりまず自分を大切にする、

大切にできるようになります^^

 

身体が硬くてもノープロブレム。

ヨガ初めてでもノープロブレム。

体力ない方でもノープロブレム。

 

ゆったり呼吸しながら、ゆっくり動いていきます。

とても気持ちいい〜です。

 

クラスの中での共通点は・・

”心地よさ”です。

 

休憩していてもポーズとっていても、

みんなの共通点は、

”心地いい”です。

 

安心安全と感じられる空間の中で、

自分を見つめてあげて、

自分を大切にしてあげる時間です。

 

自分の腕、脚、身体を感じていく・・

 

外側からも意識を向けてあげて、

そして内側も感じる。

 

身体の感覚を失ってる・・

失ってるかどうかさえ気づいてない方、

たくさんいると思う。

 

メンタルヘルスヨガで、身体と心は繋がる!

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツとヨガ

ヨガを始めたきっかけはウツだった。

 

ウツで寝たきりになり、、

身体を動かせなかった。

 

身体が動くようになり病院にも行き始め・・

呼吸も楽になったかな?って頃に、

ヨガを始めた。

 

パリの新しいヨガとピラテスの教室だった。

 

とりあえず・・

ヨガ未経験で。と話すと、

ハタヨガクラスをオススメしてくれた。

 

デイアナ、女性のインストラクター。

40代ぐらいで少しぽっちゃりの体系だった。

 

自分がお手本になって見せてくれるので、

フランス語がペラペラじゃない私でも、

全然オッケーだった^^

 

デイアナもフランス人じゃないので、

たまに彼女のフランス語も??って時もあったーー

 

ポーズ間違ってると、なおしに来てくれたし。

 

ベラベラと口で細かく説明することなく、

自分の内側にとても集中できた。

 

始めての日は、あちこち筋肉痛になった。

 

でも、終わった後の気持ちよさと、

呼吸の楽さに・・

ヨガはやめれなくなった。

 

筋肉痛の1週間ぐらいで良くなり、

超硬かった身体も少しずつ柔らかくなっていった^^

 

目もスッキリだし、身体と足取りの軽さ〜

 

そして、ウツ治るじゃん。と確信!

 

朝と夜ヨガして、週2回教室に通った。

 

それから、パリ中の他のヨガクラスも試してみた。

 

アシュタンガ、シバナンダ、クンダリニ、

アイアンガー、、

インド人が教えるヨガなどなど・・・

 

精神科の私のドクターも私の状態に、

喜んでくれた。

 

ヨガはあなたの助けになってるみたい、

続けてみてね。と。

 

”ヨガで絶対にウツ完治する、どんなウツでも!”

 

とは声を大にしては言わない。

 

みんなのウツの状態がそれぞれだから・・

ウツといっても、いろんなウツがあるから。

 

でも、ウツは脳の機能の低下。

で・・

 

ヨガはポーズだけじゃなく呼吸も意識、

脳に働きかける。

 

すべて私たちの脳で起こってること。

 

やはり、ヨガはウツに効果ある!

と言いたい。

 

試してみて。ヨガを。

 

やってみないとわからない。

 

自分に合ってるかどうかも。

 

私はヨガにはまって以来、

インストラクターの資格も取った。

 

そして、いまだにいろんな種類のヨガ、

とりわけ、リラックス系のヨガを追求中。

 

終わりはないんだな・・と思ってる。

 

ヨガから脳科学にも興味が湧き勉強中・・

 

現在はソマティクスの講義受講中で、

 

近い未来にはウツだけじゃなく、

 

トラウマや依存症の方々にも、

適したエクセサイズを提供し、

 

共に、共感前進していきたい^^

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息苦しさ。

息苦しさから始まった私のウツ。

体調が良くなってきて思った・・

 

ウツになる前に気にもとめなかった自分の呼吸。

 

どんな感じだったんだろう?

 

苦しくない楽な呼吸、本来の呼吸、

どんな感じだったの?

 

ヨガの後の呼吸はとても楽。

でも、それが本来の私の呼吸?

 

・・・・やめよう気にするの。

 

以前の状態を知りたかったけど、

前のことをアレコレ気にしても、、

 

今が大切。

今息苦しさなく生活できてる。

これでいい。

 

その呼吸が本来のものであろうとなかろうと、

これでいい。

 

私たちは変化する生き物。

心も身体も。

 

大切なのは、前に戻って正解を探すのではなく、

 

手放して、変化を受け入れる。

今を見ること。

 

”終わりよければ、全て良し”

こうゆうフレーズあった?よね?

 

 

私のウツの期間は3〜4年?ぐらい。

私にとっては長い期間だった・・

 

この期間に呼吸困難から始まって、

色んな体調不良を体験した。

 

めまいもないし、冷や汗もない、微熱もないし、

吐き気もない、失禁もない、耳鳴りも・・・

 

色んな不良がハッキリと無くなった。

 

呼吸だって楽になってる。

 

 

そして今現在、ストレスや疲れが溜まる前に、

まず、

音に敏感になる。

 

ドライヤーの音やテレビの音や、

子供の話す声など・・・

 

”大丈夫、気のせいだ”

と思って無視していると、、、

 

呼吸にくる。

息苦しさが始まる。

 

全然、大丈夫じゃないのだ、私の身体。

 

ヤバイヤバイ・・

と気づき、自分の状態を把握できる。

 

そしてストレスを溜めないようにコントロールできる。

 

 

ウツになったおかげで自分を大切にできるようになった。

 

 

cocoro-rrr.com

 

薬やめた。

朝晩ヨガをできるようになった頃。

ウツの薬を自分でやめることにした。

 

田舎には心療内科はなかった?

探しもしなかった・・・

嫌な目にもあったし。

 

狭い田舎でいろんなことが噂になる、

そしていい事より好ましくないことが、

2倍となって噂になる・・

嫌いなところだ、田舎の。

 

空も青く空気も綺麗、山も海も広々としてる、

綺麗なところなのに・・

 

薬は徐々に減らしてみた・・・

恐怖感はなかった。

 

ヨガのおかげか、

 

温度差や音などの環境変化や、

些細な出来事で・・・

急に具合が悪くなったり・・

 

自分をコントロールできなくなって、

何度か命を絶とうと思ったりもしたけど・・

 

 

自分の中に生きようとする力みたいのが、

感じられるようになったりもしていた。

 

5、6ヶ月ぐらいたった頃だったかな・・

薬やめれた。

 

今思うと、かなり危険なことだった。

と、思う。

 

でも、

山奥のど田舎で頼れるドクターなど、

いなかったと思うし・・

 

私の場合、ヨガのおかげで・・

生きようとする何かを、

自分の中に見出せたから、

決心もできた。

 

朝と夜、1時間30分のヨガと、

その後の瞑想。

 

白目もスッキリ白く、

頭の中も軽く澄んでる感。

呼吸の広さと軽い身体。

 

ごちゃごちゃしたやな事を、

考えることさえ忘れてる。

 

良きも悪きも、全てを許せる、

受け入れれる愛を感じられる。

自分の内側に。

 

薬やめて以前のように、

ぶり返すことなく、

 

少しずつ回復していった。

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツを抱えてる人の周囲の方へ。

いろんな不安や訳の分からない恐怖から、

何とかして実家に戻ったけど・・

 

最悪なことに再び寝たきりにーー

 

ベッドから起き上がれない私をオロオロと

心配する両親。

 

大丈夫だよ、寝てれば治るから。

と、両親に説明しても・・

心配しかしない。

 

病院に行ったって意味がないこと知ってる。

検査したって、異常なしなことも知ってる。

 

ウツだもん。

ウツってこういう病気。

 

なったことのない人に説明しても、

わかってもらえない、わからない。

 

どんなに心配したって治らない。

 

お願いだから・・

そっとしておいて欲しかった。

 

心配そうに見つめる両親の目・・

辛かった。

 

薬も飲んでいたのに、、

ドクターの言うとうり環境を変えるべきじゃなかった。

 

2度目の寝たきり状態だったけど、

私は意外と落ち着いていた。

初めてのことじゃなかったし、

 

寝てれば回復するって知ってたから。

 

 

それでも、心配してやまない両親のために、

車で3時間かかる病院に行った。

 

キツすぎて、一生忘れられないドライブになった。

 

結果はもちろん。

異常なし。

当たり前だよ・・

 

どこ調べたって異常は見つからない。

ウツってそういうもの。

 

しかも、ど田舎の病院。

 

そっとしておいて欲しい・・

心配もしなくていい・・

フツーに接して欲しい・・

 

そのうち、治るから。

時間はかかるけど。

 

自分の身体が自分でコントロールできなくって、

不安や恐怖に飲み込まれそうになりながら・・

 

周囲の人に心配もさせたくない・・

両親なのに気を使ってしまう・・

 

精神的に非常にきつかった。

 

幸い、1週間ぐらいで動けるようになった。

 

田舎は静かで音の恐怖はなかった・・

電車も乗る必要なかったし。

 

友達に会うこともなく、

1日中、犬と空と鳥と虫と花の中にいた。

 

心配性な両親も病院の検査結果に安心し、

ウツを理解しつつあり、

そっと見守ってくれるようになった。

 

ありがたかった・・

 

調子のいい時はヨガもできるようになっていた。

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

実家に帰る決断。

安心感ゼロのクリニックに4回くらいは通ったかな?

 

場所も名前すら覚えていない・・

精神科ではなくクリニックだったとは思う。

 

向かい合ってお話しせずに、、

病院のスタイルだった。

?クリニックだったのかな?

 

以前のように、

体が動かなくなって寝込みはしなかったけど、

体調最悪で・・

 

電車や乗り物ダメになってたし、

人も怖くなってたし、、

気分の浮き沈みが激しくて、、

 

身動き取れない状態だったけど・・

 

居候させてお世話になっていたお友達と、

些細な何かでもめて、

口論になった。

 

私の脳と体は耐えれずに・・・

ぐるぐる回るめまいに襲われ・・・

 

大量に失禁してしまった。

 

ショックだった。

自分の意思で止めれなかった。

 

いろんなことが恐怖になって、

なんとかして実家に帰ろうと思った。

 

新幹線に3時間乗れるかな?

その前に電車・・

 

お友達には頼れないし

頼りたくない。

 

でも・・

決断ってすごい。

決断するまでに時間はかかったけど。

 

大丈夫だった・・

 

駅まで両親が迎えに来てくれた。

 

泣いてしまった。

 

親の前では泣いたことなかったけど、

泣いた。

 

フランスから戻って何年かぶりに会った、

両親の存在に少し安らぎを感じた。

 

cocoro-rrr.com

 

 

 

 

 

 

2度目のウツ・・

薬も飲んでるのに、ひどい状態だった・・

 

もっと、好ましくないのはクリニック。

 

最悪、このクリニック。

 

何が最悪かって?

 

信頼関係を築けなかった・・

 

行った初日に、親子関係に問題がある。

と、断言された!

 

その頃まだ心理学を学んでいなかった私。

 

なんで親が出てくるのか理解できなかった・・

 

親子仲良しだし、親に対して憎しみを抱いたことなんかない。

 

??なんで親子関係?

 

心理テストの結果も非常に心配された・・

 

不安になる、このクリニック。

 

信頼、寄り添う、解ってもらえる感ゼロ・・

 

お友達の紹介だったし、他を探せる状態じゃなかったから、

しばらく通った。

 

先生の顔も覚えていないくらいだ。

何を話したのかさえ覚えていない、

 

覚えているのは、不快感と不安感くらい。

 

日本に戻ってから、状態最悪。

実家にも帰れず、東京で立ち止まり。

 

冷や汗、吐き気、めまい、失禁、妄想、不安、耳鳴り、恐怖・・・

 

ひどかった・・

 

 

cocoro-rrr.com

 

 

パニック障害・過呼吸症候群・・・

電車に乗れない…

人混みが息苦しい・・

音がうるさい・・・

 

恐怖心にいきなり襲われる。

大丈夫と思っていても、急に目の前が暗く、

シャッターがガッーと降りてしまう。

 

視線は上げれないし、嫌な冷や汗が出るし、

呼吸が苦しい、落ち着かない。

 

とにかく怖い、全てが怖かった。

 

日本に戻ってから、体調が変・・

 

精神科には友達の車で連れてってもらった。

車の中も、気持ち悪かった。が、電車よりマシ。

 

先生からパニック障害や過呼吸症候群だといわれた。

 

悩みや心配事はそんなになかったけど・・

眠れてもいたし・・

変わったのは、環境と彼氏をパリにおいてきた。

事ぐらい・・

 

わたしって、もろくできてる。と思った・・

 

過呼吸はかなりキツかった。

なった人しかわからないと思う・・

このまま死ぬんじゃないの?と思うくらい。

 

パニックだって、本当にひどい。

誰も私に危害を与えないけど、そう思ってしまう。

目をあわせれなかった・・

 

人のいない、空気のいい、自分が安全と感じられる場所

だけが落ちついていられた。

 

毎晩、ほんわりとした柔らかい灯の中で、

ヨガをして呼吸を整えることができた、幸せなことに。

 

 

 

cocoro-rrr.com